ときわプロケア歯科クリニック
HOME > あなたに伝えたい

あなたに伝えたい


博和会 ドクターによる「あなたに伝えたい」メッセージ集です。順次公開予定です。



妊娠と虫歯の関係

 妊娠中のつわりがひどい場合は食事が一度に十分とれないこともあり、小分けにしてとるため口腔内がいつも酸性になっていることが多く、また吐き気等によりブラッシングが十分にできないために虫歯になりやすくなっています。
 

 また出産後も育児で忙しくなり、自分自身のことが、十分できなかったり、離乳食に合わせて母親自身も口腔内に食物を摂取する回数が増えることによって酸性の状態は続きます。

妊娠中に確実にブラッシングができない場合はやはり定期的に歯科医院で歯石を取る等の処置が必要になってきます。

 
妊娠と虫歯
妊娠、出産を境に虫歯や歯周病になってしまったということはかなりあることです。

子供に感染させないためにも母親自身の十分な口腔内ケア-は重要なのです。



妊娠性エプーリス(妊娠性肉芽種)


妊娠と虫歯  妊娠中は部分的に歯肉が腫れることがあります。
原因は月経と歯周病の関係でホルモンの増加やバランスの変化に伴うものです。
とくに上の前歯の唇側によくできます。一般に妊娠2~3ヶ月頃に発症します。大きさは直径2cm 以上になることはまれですが、発育は非常に早いものです。
 
 出産後には自然に消退しますが、妊娠中のブラッシングのしづらさ等により歯周病を悪化させる可能性があります。
また妊娠性エプーリスの70% は歯肉に起こりますが、それ以外にも舌、口唇頬粘膜、口蓋にも発症します。

 出産後に歯周病にならないためにも妊娠中、出産後には定期的に口腔内のクリーニングが必要です。
ご自身で完全にできないと思ったときには歯科医院で定期的にクリーニングをしてもらうとよいでしょう。

 その期間は人によって異なりますのでどれくらいの間隔が良いのかはその歯科医院で判断してもらってください。


妊娠中の歯の動揺

妊娠と虫歯
妊娠中は歯がぐらぐらすることがあります。
これは妊娠中は出産準備のために骨盤周囲のじん帯が緩むと同様のことが歯の周囲に起こるからです。

 歯根の周囲のじん帯が緩むことにより歯の動揺は起こります。出産後には元の状態に戻りますが、じん帯が緩んで起こった動揺と歯周病等で起こった動揺を自己判断することは危険ですので、問題を感じたら、検査を受けた方が良いでしょう。
自己診断は危険です。


妊娠における口腔内乾燥症


妊娠と虫歯 El-Ashiry の報告によると妊娠女性の44% に口腔内乾燥が認められるといいます。
口腔内の乾燥は細菌の繁殖を助長し、虫歯や歯肉炎症にかかりやすい環境となるので口腔内が乾燥しやすい人は注意が必要です。


月経と歯周病の関係


月経(特に月経前)になると歯肉が腫れる方がいます。
これは女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの増加に伴い、毛細血管が影響されることと、代謝の変化により炎症反応が過度になることが考えられます。こうした症状は特に月経がひどい方に多くみられます。

 月経時の歯肉炎は月経が終了すると治まりますが、こうした症状が何度も起こる方は炎症部位に歯石がたまりやすいので歯石を取ったり、歯肉の消毒を行うことが必要になってきます。

 そのまま放置しておくと歯周病になってしまいます。あまりにも歯石がつきやすい人や月経後も出血や腫れが続く人は定期的なクリーニングをした方が良いでしょう。

妊娠と歯周病の関係


妊娠と虫歯 母親が歯周病にかかっている場合の胎児への影響についてはいくつも報告があり、早産や低体重児出産等がその代表的なものです。以下は妊娠と歯周病菌に関係する報告です。

歯周病の原因菌は歯肉の奥へと侵入していきそこから血管に入り、血液と共に全身をめぐり臓器や器官に侵入します。
こうした菌は羊水中にまで影響を及ぼし、早産、低体重児の原因となることがわかってきました。
 
 
  現在、早産による低体重児出産の割合は1 割程度といわれており、その原因の一つとして膣の細菌感染による炎症があげられる。膣に感染が起こると、胎盤膜での炎症の結果、子宮が収縮、子宮頚部が拡張し、早産となる。

 ノースカロライナ大学の歯周病学教授Steven Offenbacherらの研究によると歯周病の原因菌が歯肉の奥へと侵入していきそこから血管に入り、膣感染症が起こっていると報告している。 リスクの割合は歯周病が内母親にくらべて歯周病を持っている母親の早産のリスクは7 倍になると報告しています。
歯ちなみに飲酒をする母親の早産のリスクは3 倍です。
歯周病をきちんと治療し、ブラッシングをしっかり行うことでそうしたリスクは防げるのです。
早産で生れた新生児の中には呼吸器疾患や脳性麻痺などの長期におよぶ障害を有していることも少なくないのです。

 こうしたことにならないように妊娠前にきちんと検査を受け治療を終了させておくことと、妊娠中および出産後にケア-を受けることが必要です。

つわりと口腔内症状


妊娠と虫歯 つわりにより嘔吐が頻繁に起こると酸による歯の崩壊が起こります。

また高度な逆流は、食道括約筋の損傷を起こしうるし、その後に胃食道逆流疾患になりやすくなっています。つわりがひどい方は特に注意が必要です。


経口避妊薬と歯周病の関係


妊娠と虫歯 ホルモン性の経口避妊薬を服用している女性は、歯肉炎になりやすい傾向があるという報告が多数あります。
(Kalkwarf KL, El-Attar)また、経口避妊薬の人はそうでない人と比較して口腔内の細菌に変化があることも報告されています。(Jensen Jら)