ときわプロケア歯科クリニック
HOME > あなたに伝えたい

あなたに伝えたい


博和会 ドクターによる「あなたに伝えたい」メッセージ集です。順次公開予定です。



歯なぜ歯は抜けるのだろう?
こんな疑問を感じた事はありませんか?
「それは虫歯になって歯がボロボロになって抜かなきゃならなくなる場合と歯周病で歯がグラグラになって抜けちゃう場合じゃない?」
お口の健康にチョット意識の高い方ならこのくらいの答えは返してくれるでしょう。
しかもその原因が細菌だってこともお分かりだと思います。
まったく大正解です。

だから日常の歯磨きをちゃんとして時々歯医者さんでクリーニングをしてもらえばいいんだよ」 これももちろん大正解。
それなのに…こんな事は重々分かっていて実践している方でも数年に1~2本くらいずつ歯を失っていく方がたくさんいます。
「歯を磨いていても歳を取れば歯が抜けるのは仕方ない…」とあきらめているのです。
歯磨きをちゃんとしても歯が抜ける?…なぜでしょう。

これらの人に共通している事が一つあります。
それはお口の健康意識が芽生えた時にはすでにどこかの歯が抜けていた…こういう人たちなのです。

全部の歯が揃っていて日常のお口の手入れをしっかりしている人にはこんな状況にはなりにくいのです。
日常のお口のお手入れを十分にしていても、歯の欠損があればなぜ歯は次々と抜ける運命にあるのでしょう?
その理由は?
…これからご説明しましょう。


① 歯が抜けたのをそのまま放置している


歯 “歯は動くもの”なのです。
一本一本の歯は両隣の歯とかみ合う相手の歯により支えられています。
一本歯が抜けると、つまり一ヶ所支えがなくなるとその方向に動いていきます。
両隣の歯が倒れこんできたり、もともと咬んでいた、反対側の歯が伸びだしてきます。
すると隙間が生じ、食べかすが詰まりやすくなったりしてきます。


食べかすが詰まったままですと虫歯や歯周病にかかりやすくなり、次に隣の歯が抜けてしまう可能性が高くなってきます。
このように全体の咬み合わせが狂い、ある特定の歯に強い力がかかりその歯も抜ける危険性が高くなるのです。


② 隣の歯にもたせてブリッジをいれた

歯
両隣の歯をつないで固定したのでこれらの歯が倒れこんだり咬みあう相手の歯が伸びたりはしません。従って全体の咬み合わせが狂いだすことは防げました。

これで万々歳?…いやそう安心はできません。

歯の抜けたところ、つまりブリッジでつないだ部分(ポンティックといいます)はとても汚れが付きやすく、新たな虫歯や歯周病が発生しやすいのです。だから歯間ブラシなどを使いその部分の清掃を徹底する事が大切です。

これができれば万々歳?…いや、まだまだ安心はできません。

それはもたせた歯の“過重負担”という問題です。
本来一本一本の歯はその歯にかかる荷重のみを支えれば良いのですが、ブリッジでつなぐ事によりいわゆる他人の荷物までもたされる結果となります。
その歯の負担できる重さの限度を超えた結果、グラグラになって抜けてしまう危険度が増すのです。土の中にささった杭を抜く時、左右にゆする…そんな力が歯にかかるのです。また特に無髄歯(神経のない歯)の場合は割れたり折れたりすることもよくあります。


③ 部分入れ歯をいれた


部分入れ歯は噛む力を金具を掛けた歯(鉤歯といいます)と歯が抜けた部分の歯ぐきで負担します。
従って鉤歯には前に述べた土の中にささった杭をゆするような力がかかります。また歯の抜けた部分に乗っている入れ歯の人工歯が歯ぐきを圧迫するためその部分が徐々に痩せてきます。(1年に約0.5ミリと言われています)
それにより経時的に鉤歯の受ける力がさらに大きくなり、やがて抜けてしまうのです。
従って部分入れ歯を新調するたびに次々と歯が抜けてしまう結果になるのです。
歯 これではいくらお口の清掃をきちっとして細菌をコントロールしても、歯にかかる外力により歯を失う事を止めることはできないのです。

以上①~③の場合により、たった1本の歯が抜けたことが将来の総入れ歯への道を歩み始めると言っても過言ではないのです。
それではこの連鎖反応式に歯が抜けていくのをストップさせる方法はないのでしょうか?
ご安心ください。
この21世紀にはすばらしい治療法“インプラント”があるのです。
インプラントのみがこのお口の中の崩壊の連鎖を断ち切ることができると言っても過言ではありません。その理由をご説明します。

②の場合、抜けた歯の部分にインプラントを入れる。
インプラントインプラント 要するに抜けた天然の歯がインプラントに置き換わるという事です。
前述のブリッジの欠点である清掃性と過重負担はすべてクリアーできます。
橋渡しした部分(ポンティック)がないので汚れが停滞しにくく普通に歯ブラシするだけで容易に汚れが落とせます。もちろん両隣の歯が倒れこむこともありません。
ブリッジのようにもたせる歯をつなぐわけではないのでもちろん隣接歯に影響は及びません。

③の場合、抜けた部分に複数本のインプラントを入れる
部分入れ歯のように抜けた部分に隣接する歯には金具を掛ける必要はありません。
従ってその歯は外力を全く受けないばかりか、隣のインプラントによりあたかも冬囲いの添え木のように支えられます。これは部分入れ歯の歯にとってのマイナスダメージとは全く正反対のプラスの効果を得る結果となるのです。

インプラント
また部分入れ歯のもう一つの欠点である圧迫により顎の骨が痩せる事(顎骨の吸収)の問題もクリアーされます。そればかりか物を噛んだときに、インプラントを通して顎の骨に直接かかる適度な力が刺激となり、入れ歯の場合とはまったく逆に骨が活性化し、ますます骨が元気になります。
これはインプラントの他の機能的なメリットもさることながら、生体を活性化させるという点で大変意義深い事なのです。