ときわプロケア歯科クリニック
HOME > あなたに伝えたい

あなたに伝えたい


博和会 ドクターによる「あなたに伝えたい」メッセージ集です。順次公開予定です。



あなた、歯医者さんは好きですか?

「すきです!」と即座に答える方はほとんどいらっしゃらないでしょう。
それは、歯医者に限らず医療機関というのは“病気になったら行くところ”・“治療をしてもらいに行くところ”と思っているからでしょう。

だから麻酔注射をされたり、歯を削られたり、形取りで苦しい思いをさせられたり…こんなことを連想しますよね。そう思うと出来れば行きたくないところと思うのは当たり前。
確かに治療は心地のいいものではありません。でも“歯が痛い” “よく噛めない”など、思わしくない結果を招いてしまった以上、これを改善しなければ…。
そう思い、あなたは気が進まないけど治療のために歯医者に行くのです。

  • • むし歯で穴があいたから削って詰めてもらった
  • • 歯周病で歯がグラグラして噛むと痛いので接着剤で固定してもらった
  • • 歯が一本抜けたので両隣の歯にもたせたブリッジを入れた
  • • ブリッジをかけた歯が折れたのでその隣の歯までブリッジを延長した…などなど…
歯医者嫌い
これらはいわゆる対症療法といわれるもので、“頭が痛いから鎮痛剤をのむ”的な治療で、頭が痛くなった原因を治しているとはいえないのです。

したがってその原因が判らないまま過ごしていれば、また再び頭が痛くなる可能性があるのです。


何回も治療しない為には…?


“治療が終わってしばらくたってまた同じようなことが起こったら、また治療に通う…”
これって仕方ないことだと思いますか?
多くの患者さまはしばらく経ったから仕方ない、また歯医者通いも止むを得ないと思っておられるようです。

歯医者嫌い むし歯も歯周病も実質欠損を伴う疾患です。すなわちむし歯で溶けてしまった歯質は元にもどらないので金属やプラスチックで補填します。
歯周病で減ってしまった骨(歯槽骨)も元のレベルには戻りません。
したがって歯科治療は繰り返すたびに、その時は一時的に回復したように思いますが、実際歯はどんどん弱くなり、歯槽骨もさらにやせ細っているのです。
それによって治療を繰り返す周期も短くなっていき、詰めた虫歯はさらに大きな詰め物になり、詰め物はやがて被せ物になり、歯周病もさらに進行し、次々に歯が抜けて最後には総入れ歯…。 これでは治療するたびに悪くなっていくみたいですね。そうその通りなのです。


大がかりなオーバーホールをするたびに確実にお口の中の状態は悪くなるのです。

それではこの治療を繰り返すたびに悪くなる負のスパイラルに陥らないためにはどうしたらいいのでしょう。

もうお解かりだと思いますが、歯科のみならずすべての疾患について言えること… 原因治療をする事。


原因を知り、負のスパイラルから脱出。


どうして今回治療する事になったのか、次の治療に移行しないようにするにはどうすれば良いかを理解する事です。
具体的には、例えば歯が一本抜けてブリッジにしたとしましょう。
その時なぜその歯が抜けたのか、をまずドクターに確認しましょう。
そして次に同じことが起きないようにするにはどうすれば良いかを専門スタッフに相談し、納得して処置を受けましょう。
ブリッジを入れる場合にどんな欠点・リスクがあるのかを理解し、歯が折れるなど好ましくない状態を惹き起こさないためにはどうすべきか学習しましょう。
原因を知り、結果を治して負のスパイラルから脱しましょう。


歯科検診をエステ感覚で


そして治療が終了したらその状態をなるべく長く維持する努力をするのです。

歯医者嫌い 努力と言ってもダイエットのように辛くはありません。
具体的には日常のメインテナンスと定期検診です。
定期検診で歯科医院を訪れる…治療ではないので痛いこと辛いことはありません。
むしろエステ感覚で気持ちよくなれるとすれば…もはやあなたは歯医者さんがキライではなくなるのでは?

私たちスタッフは、「歯医者さんは大スキです!」と胸を張って言えるあなたになってほしいのです。