ときわプロケア歯科クリニック
HOME > あなたに伝えたい

あなたに伝えたい


博和会 ドクターによる「あなたに伝えたい」メッセージ集です。順次公開予定です。



歯医者の子供が虫歯になった時

先日、大学同期の歯科医に会ったとき、
彼は自嘲気味に、こんなことを話してくれました。

ある日なんとはなしに自分の子供の歯を見てみたら、
奥歯に虫歯があるのをみつけて立ち直れないほどの
ショックを受けた。

思わず奥さんに

「おまえの親が甘いものをあげすぎるから、
こんなことになるんじゃないか!」
と怒鳴りつけてしまった…と。

皆さんはそんな彼をどうおもいますか?

短気な人ねーとおもいますか?



虫歯は治療しても、修復にすぎず回復できない悲しみに・・・


あなたに伝えたい

歯医者のくせに、ひとのせいにするなんて
とおもいますか?

歯医者なんだから、最高の治療法で治してあげれば
それでいいじゃないのとおもいますか?


ぼくはそうは思いません。
あーそれは悲しかったんだろうなーと思います。

怒鳴られた奥さんはかわいそうだけど、取り乱してしまっても無理はないな、と思います。

なぜなら、ぼくも彼と同様に、その虫歯を治療しても、それは単に修復にすぎないことを知っているからです。
失ったものと同等には決して回復できないことを知っているからです。
修復した部分は格段に管理が難しくなり、トラブルがおきやすくなることを知っているからです。
そして、トラブルが起きるたびに歯は大きく削られ、やがて抜歯にいたるケースを
日常的によく見ているからです。


自分の愛するひとにそうするように、あなたの歯を守りたい。


あなたに伝えたい

そのドクターは
一本の歯を失うことが他の歯に悪影響を与え、
次の歯を失う原因になることを
知っているからとても落胆したのです。

そして、お口の中を健康に保つことが、
全身の健康状態にいかに大きな影響を与えるかを
知っているのです。


あなたは自分や、自分にとって大切なひとが、虫歯になったときにどのように思いますか?

われわれ歯科医が持っている知識と経験のすべてをあなたと共有できるとしたら…
きっと心おだやかではいられないはずです。

われわれ、歯科医療従事者が、自分の子供にそうするように、
自分の愛するひとにそうするように、あなたの歯を守りたい。

それがときわプロケア歯科クリニックスタッフの願いです。