ときわプロケア歯科クリニック
HOME > あなたに伝えたい

あなたに伝えたい


博和会 ドクターによる「あなたに伝えたい」メッセージ集です。順次公開予定です。



入れ歯の話


これほど科学・医学が進歩した現代においても、
年をとると歯が抜け落ちてしまうのは
当たり前と思っている方がたくさんいます。

歯を失う原因はいろいろありますが、
そのどれもがいわゆる老化現象の一つ
ととらえて、あまりシリアスに考えない傾向があります。
たった一本歯が抜けたくらいと思いバカにしてはいけません。

それが総入れ歯への引き金になる可能性が大きいのです。

歯の欠損を放置すると、その両隣あるいは
かみ合う相手の歯の移動がおこり、
次第にお口の中全体の噛みあわせが狂い,
ある特定の歯に負担がかかり,
連鎖反応式に歯の脱落が起こってきます。



インプラント

これを防止するためには言うまでもなく歯の欠損を放置しないことです。すなわち欠損歯を補填する治療が必要です。これを補綴(ほてつ)治療といいます。

この治療法は大きく分けて二通りの方法があります。一般に“ブリッジ”と言われている方法といわゆる取り外しの“入れ歯”の方法です。

ブリッジはご承知の通り抜け落ちた部分の両隣の歯をつないで橋渡しする方法です。固定式で装着感も良く噛む力もそこそこ強いのですが、欠損部の大きさが比較的せまい場合(一・二歯程度)にしか応用ができないこと、橋渡しする歯の負担が大きいこと、清掃がしにくいことなどの欠点もあります。次に入れ歯の方法ですが、これは千差万別、一歯欠損から全部の歯が抜けてしまったいわゆる“総入れ歯”までいろいろなケースが考えられます。


噛めるだけでは不十分


ひとくちに“とりはずし式の入れ歯”といっても前に述べたように、その形・大きさ・金具の種類などにより多種多様です。

一人の患者さんのお口の中で、どの部分をブリッジにするかまたどの部分を着脱式にするかといった設計はいつも私たち歯科医を悩ます重要な問題です。

見かけ上目立つところに金具が見えないように、装着感が良いように、清掃がしやすいように、入れ歯が残存歯にダメージを与えないように…など設計時に考慮しなければならない問題がたくさんあります。
でも患者さんにとって最優先すべきことは機能的である、すなわち良く噛めるということでしょう。
しかしこれについては私たち歯科医師にとっては少々異論があります。

入れ歯
それはいくら良く噛める義歯であってもそれが残っている歯にダメージを与えたり、あごの形態を悪くしてしまうようでは本末転倒、薬で病気が治ってもその副作用で命を縮めることと同様です。従って機能最優先では良い義歯とはいえないわけです。

機能回復と為害作用、これら相反する因子を常に考慮しつつ義歯を設計する必要があるわけです。


下着も入れ歯もジャストフィットの付け心地


歯科の治療の中で患者さんの治療結果に対する評価が一番顕著に現れるのは入れ歯についてでしょう。その主な原因は患者さん自身が着脱可能であることです。

義歯を機能させるための第一ステップとして、まず義歯をお口の中に入れておくことに慣れることです。これをクリアーしないかぎり次の“噛める”という第二のステップには決して進めません。第一ステップで安住の地がお口の中ではなく、 ポケットか引き出しの隅っこになってしまうような義歯は決して使える代物ではありません。


入れ歯 従ってお口の中を入れ歯の安住の地とするためには患者さん自身の慣らせようとする努力が必要です。
では慣れやすい入れ歯、良く噛める入れ歯とはどんな入れ歯でしょうか。多くの患者さんはコンパクトサイズの義歯を希望します。小さい方が異物感が少ないような印象をお持ちになるのでしょう。しかしこれは誤り。お口の中はとても敏感で、髪の毛一本でもとても気になります。
そのお口の中にコンパクトとはいえ髪の毛とは比較にならないほどの大きさの入れ歯が入れば異物感を感じないわけはありません。慣れやすい入れ歯とはお口の大きさにフィットし、機能時の動揺が少ないものということになります。


入れ歯では上がまな板、下が包丁


ここで天然歯と義歯のかみ合わせのメカニズムの違いについて考えてみましょう。天然の歯は1~3,時には4本の根が強固にあごの骨の中でふんばっています。
一方着脱式の義歯は歯ぐきの上に乗っているだけで噛む力は主に歯ぐきと義歯をくくりつけている残存歯が負担します。
総入れ歯にいたっては噛む力のすべてを歯ぐきが負担します。天然歯列に比べいかに義歯が力学的に不利であるかおわかりでしょう。
 
 
この力学的には圧倒的に不利な義歯に最大限の仕事をさせるにはどうしたらいいでしょうか。ここでまな板の上で物を切る原理を考えてみましょう。

入れ歯 効率よく物を切る上でまな板と包丁、どちらが重要な役を担っているでしょう。まな板に軍配が上がります。しっかりと固定されたまな板、一方不安定な場所におかれたまな板の上で物を切る場合を想像してみてください。
不安定なまな板の上での作業は至難の業です。

 
一方安定したまな板の上では多少ナマッた包丁でも力まかせで何とか作業はこなせます。
義歯についても同様の理論が成り立ちます。言うまでもなく上あごがまな板、動く下あごが包丁です。以上の理由により可能な限り上あごの義歯の安定を図ることが最も重要なことです。


人口歯根は救世主?


最近、インプラント(人工歯根)という言葉を一般の人たち向けの雑誌などで頻繁に見かけるようになりました。これは文字通り人工の根をあごの骨の中に植え、天然の歯と同じように機能させようとする治療法です。
 
歯が抜けた場所に人工の歯を植えるという発想は、ブリッジや入れ歯と違いごく自然に考えつくことでしょう。この治療法の歴史はすでに四十数年経過し、最近の生体材料の開発・発展、植え込み手術法の発達によりここ十年前後で安全かつ有効な治療法として認知されるようになりました。今後さらなる発展により、 ブリッジや義歯などの従来の方法に取って替わる日が来ることが期待されています。