ときわプロケア歯科クリニック
HOME > 成人のための予防歯科

診療案内-成人のための予防歯科

| 成人のための予防歯科 | 一般歯科 | インプラント | 審美歯科/ホワイトニング | 診療システム |

成人のための予防歯科

予防歯科とは、治療の延長線上に予防を置くのではなく、
予防のための定期健診を新たな出発点として「患者さまの
健康づくり」の支援をします。

●なぜ、プロによる歯の清掃が必要なのか

ご家庭でのブラッシングではどうしても落とせない汚れが
二つあります。ひとつは皆さんご存知の歯石。
そして、もうひとつがバイオフィルムです。

バイオフィルムがついた状態では、いかにご家庭で
丁寧に歯を磨いても強力な予防効果は得にくいのです。






ときわプロケア歯科クリニック プロケア編
line

健康な歯を保つには定期的な健診が不可欠です。
健康な歯を保つ3つのトライアングル
バイオフィルムとは
● バイオフィルムとは?

一見きれいに見える歯の表面にも、細菌が自ら出すネバついた物質により、膜を張っていることが
わかっています。それがバイオフィルムです。

病原性の細菌はバイオフィルムをつくると酸や毒素を出してむし歯や歯周病を引き起こします。
バイオフィルムは細菌を強力に保護し、殺菌剤などの薬品も通しません。

バイオフィルムとは

PMTCはこのバイオフィルムを除去できる効果的な方法です。
バイオフィルムが成熟して害を及ぼす前に定期的に除去することにより、効果的にむし歯や歯周病を
予防することができるのです。
line

● PMTCの手順

1.歯・歯肉のチェック,歯周ポケット検査
歯や歯肉の状態をチェックします。歯周ポケットの深さを計測し、歯周病の有無・程度を把握します。
歯の磨けていない部分をチェックし、ブラッシング指導を行います。

予防歯科

2.歯石の除去
歯石の付着が見られる場合、まず歯石を除去します。

3.バイオフィルムの除去・研磨
歯質強化のためのフッ素を高濃度に含んだ専用のクリーニングペーストを歯に塗り、その方の歯並び、
歯肉の状態に応じて様々な器具を用いて、バイオフィルムを除去していきます。
予防歯科

特に、バイオフィルムが付きやすい歯周ポケットの中や歯と歯の間の部分を重点的に研磨していきます。

4.洗浄
消毒薬を含んだ洗浄液で、歯の表面や歯周ポケット内に残っている細菌を洗い流します。
予防歯科

line

PMTCのQ&A

Q: 痛みはありますか?

A: 柔らかいシリコンゴムのカップやブラシを用いての清掃なので、痛みはほとんどありません。
終わったあとの爽快感は格別です。

Q: どれくらいの間隔でおこなうのでしょうか?

A: PMTCの間隔は、その方の歯や歯肉の状態、ブラッシングの良否、バイオフィルムの付きやすさによって異なりますが、一度除去したバイオフィルムは約3ヶ月でまた付き始めることがわかっています。そのような理由からときわ歯科では3~4ヶ月に一度の受診をお勧めしております。

Q: 何回かかりますか?

A: 基本的には1回で終わりますが、歯周ポケットが深い方など数回かかることもあります。1回の処置時間は30分から1時間程度です。

Q: 費用はどれくらいかかりますか?

A: 20本以上歯が残っている方で、治療の必要がなければ、自己負担3割の方で約3千円。一年に一度程度、必要に応じてレントゲン写真を用いて異常の有無をチェックするときは約4千円かかります。自己負担1割の方はその1/3となります。歯の本数が少ない方は段階的に治療費も低くなります。 年間3,4回通うとして、あなたが一年間に髪の毛にかける費用よりも高いでしょうか?

Q: 歯がすり減ったりしませんか?

A: PMTCでは、シリコンゴムをはじめとする清掃器具による摩擦力でバイオフィルムをはぎ取ります。PMTCペースト自体は皆さんが使用している歯みがきペーストよりも研磨成分はずっと少なくなっており、歯がすり減る心配はありません。 また、たくさんたまった硬い歯石を機械(超音波スケーラー)で一気に除去する時、歯面は非常に傷つきますが、PMTCで定期来院される方は歯石の量も少なく、比較的柔らかい歯石ですので、除去の時、歯面を傷つけることもありません。PMTCを続けていくと歯の表面はだんだん滑らかになり、歯石やプラークが付きにくくなってきます。

Q: 本当に効果があるのですか?

A: 先進諸国のなかでも、日本人のむし歯や歯周病の多さは突出しています。その原因はほとんどの日本人に‘予防’の概念が欠如しているからです。他の先進国の人たちは、予防に力を入れ、効果を挙げています。彼等は、痛い思いもしたくないし、お金も時間もかけたくないし、いつまでも健康でいたいから予防のために歯医者に通っているのです。困ったら治す、困ったら治すの繰り返に何の意味があるでしょうか?(詳しくは、当院の小冊子「歯なしにならない話し」をぜひご一読ください。)

Q: 対象年齢は?

A: お口を開けていられるお子さんからお年寄りまで、年齢に制限はありません。

Q: PMTCを受けていれば虫歯にならないの?

A: 答えはNOです。むし歯や歯周病の予防にはご家庭でのブラッシングが不可欠です。また、少々厳しいことを言わせていただければ、磨いているのと磨けているのはまったく別物です。 ですので、ときわ歯科に予防通院なさっていただく皆様には歯みがき上手になっていただきます。ただし、急激な特訓には挫折がつきものであることを我々は知っています。決して急ぐことなく、来院するたびに少しずつ少しずつ歯磨き指導を受けているうちに、あなたも気がついたら歯みが き上手になられていることでしょう。不足分はわれわれがフォローいたします。 我々が行う、PMTCをはじめとするプロフェッショナルケア。 皆さんにご家庭で行っていただく、ホームケア。この2つのバランスが取れて、初めて強力な予防効果が生まれます。



森きみひさ院長よりあなたへ

予防歯科

悪くなったら治療して、悪くなったら治療して、 結局はあなたの
大切な歯を傷つけ、 やがては失わせていく治療型の歯科医療から…
悪くなるのを未然に防ぎ、 あなたの歯を、あなたの健康を、
守り育てる予防歯科医療へ。

あなたが考える理想的なお口の中とはどのようなものですか?

将来的にどのようにありたいと思われますか?

それを実現するためにはどうすれば良いでしょう?

その答えは定期来院型の予防歯科システムの中にきっと見つかるはずです。

「歯を可能な限り抜かない、削らない。口腔内環境を通じて、豊かな人生を送るお手伝いをする。」という我々のミッションに共感していただき、実践される方が急速に増え続けています。 あなたのご参加をときわ歯科スタッフ一同心よりお待ちいたしております。